日焼け止め 副作用

MENU

日焼け止めに副作用はあるのか?

日焼け止め 副作用 画像実際、色白がもてはやされるようになっていく年か経ち、

コスメ業界では美白、美肌を打ち出してきています。
そのためにも夏場日焼け止めはマストアイテムとなっている
女性はかなり多いはずです。

 

しかしその日焼け止めに副作用があると知っていましたか?
意外に知らない副作用、一体どんなものがあるのでしょうか。

 

 

皮膚呼吸が出来ない

 

まず、効果の高い日焼け止めの場合、皮膚呼吸が出来ない、という
可能性があります。途中で重ね塗りするという使い方も
最近では出てきていますから皮膚が呼吸出来ない状態になるのです。

 

 

甲状腺機能の低下

日焼け止め 副作用 画像

 

日焼け止めの一部の成分が、甲状腺の機能を低下させ、
倦怠感や疲労感が起きたり、皮膚、髪の毛がパサついたりカサついたりする
ということが海外では検証されています。

 

またアレルギーの問題もありますから、日焼け止めを選ぶ場合は
紫外線吸収剤なのか、紫外線散乱剤なのかも含め、しっかり注意をはらいましょう。

 

 

ケミカルもしくはナチュラル

 

肌を紫外線から守るための日焼け止めは、けして悪いものではありません。
しかしそれがケミカルなのか、ナチュラルなのかは選ぶことが出来ます。

 

ケミカルとは化学日焼け止めです。最もよく使われているもので、
リーズナブルに流通しているものですから、すぐに手に入れることが出来ます。
ナチュラルなものとしては鉱物日焼け止めというものです。
ジンク、チタンなど、肌に優しいと言われる日焼け止めとなります。

 

紫外線吸収剤はアレルギー反応を起こしたり、ホルモン異常を起こす
とも言われていますから、ケミカルよりナチュラルを、
日焼け止めより日傘やアームカバーを、といいたいところです。

 

しかしやはり焼けたくないのは女子の中では大半が思っているところですから、
日焼け止めクリームもSPFをよく知って、正しい使い方をしつつ、
焼けない肌になりましょう。

 

 

日焼け止め 副作用 画像

 

また、昨今では飲むタイプの日焼け止めというものが流行っているようです。
インターネット上ではすでに周知の事実となっているもので、
これがよく売れています。日焼け止めクリームはあつくるしいけれど、
サプリメントなら続けられそう!という人にはオススメでしょう。

 

それほど高くないリーズナブルなものから、ハイクラスなものまで
揃っていますから、まずはお試しとしてお試しセットなどを
試してみると良いでしょう。肌に合ったり、副作用がないとなれば、
それを服用してみるのも良いですね。