日焼け止め 成分 効果

MENU

日焼け止めの成分や効果について

日焼け止め 成分 画像日焼け止めのシーズンになると、ドラッグストアに大量の

日焼け止めがズラリと並びます。
その中からあなたはどれを選びますか?
中にはあまり肌によくない成分のものもありますから、
日焼け止めクリームを選ぶ際には注意が必要です。

 

 

紫外線吸収剤

日焼け止め 成分 画像

 

まず、紫外線吸収剤という成分がありますが、殆どの日焼け止めに
入っていると見て間違いないでしょう。
紫外線を吸収し、熱などに変換させて肌にダメージを与えないようにします。

 

白浮きせずに、肌に密着してぴったり伸びるため、使用感はよいでしょう。
しかし長時間の使用は肌に負担をかけると言われています。
またUV-Aを吸収する成分は少ないので、紫外線吸収剤だけで
紫外線を完全にカットするのは難しいと言われています。

 

 

紫外線散乱剤

 

紫外線散乱剤は成分の粒子によって光を反射し、紫外線から体を
守ってくれるものです。主な成分としては二酸化チタンなどがあります。
肌の上で化学変化を起こす紫外線吸収剤とは異なり、紫外線を
反射してくれるので、肌に刺激がないというメリットがあります。

 

ただ、白浮きしますし、使い心地もそれほど良いとは言えません。

 

 

成分をチェックして使い分けることが大切です

日焼け止め 成分 画像

 

まず、デイリーユースに使いたいと思うのなら、紫外線散乱剤の
日焼け止めをベースに選ぶとよいでしょう。
肌への負担も少ないですから、毎日使っても問題ありません。

 

ただ、レジャーなどで太陽の下にいる時間が長いという場合は
紫外線吸収剤を選ぶとしっかり日焼け対策となりますから、
日焼け止めは使い分けをするとよいでしょう。
ちょっとした外出ならSPF20程度でも大丈夫ですから、考えてみましょう。

 

 

日焼け止めが悪者に?

 

日焼け止めは肌によくない!ということがいつからか叫ばれてきましたが、
実はこれは紫外線吸収剤のことを言っています。
石油由来の合成成分なので、確かにあまり肌にはよろしくないようです。
散乱剤は反射させるだけなので、それほど肌ダメージはかからないのです。

 

しかし紫外線吸収剤になると、肌の上で化学変化が起きていることになるので、
まさに理科の実験が肌上で行われているようなものなのです。
肌がデリケートな人は、日焼け止めクリームをぬるだけで
湿疹やかぶれが出るケースが多いので、やはり使う側としては安心して使いたいものです。

 

 

今では飲むタイプの日焼け止めも販売されていますから、
そのような肌に直接かかわりのない日焼け止めを選択するのも1つの方法です。