日焼け止め 種類

MENU

日焼け止めの種類について

日焼け止め 種類 画像日焼け止めと一概に言っても、実は色々な種類が

あるということを知っていましたか?
ジェルタイプ、クリームタイプ、飲むタイプなど、現在では
様々な日焼け止めが販売されています。
昨今注目を浴びているのは飲むタイプの日焼け止めですね。

 

化粧下地に日焼け止め効果があったり、スプレータイプや
シートタイプになっている日焼け止めもあります。
液体タイプは昔から存在していましたが、ベタつき感が
暑苦しい、という意見もたくさんあったのです。

 

そこでスプレータイプやシートタイプの日焼け止めが開発されたのでしょう。

 

 

SPFとPAについて

 

日焼け止めにはSPFとPAというものが記されていますが、
この意味を知って使っていますか?クリームタイプだとSPF20くらいのものから
SPF50の最高クラスまでそろっています。
SPFとPAの違いは紫外線A派、B派をカットするものです。

 

特に日焼けしたくない!という人は、SPF++++というものを選ぶと
かなりの確率で日焼けをカットすることが出来ますが、
汗や水で流れてしまうこともあって、塗り直しが必要になります。
と同時に肌に負担をかけてしまうので、あまりよくありません。

 

適切な方法としては、SPF30程度のものをこまめに塗りなおしたほうが
よっぽど美白を保つことが出来ます。

 

 

飲むタイプの日焼け止め

日焼け止め 種類 画像

 

飲むタイプの日焼け止めというものも近年販売されています。
よく通信販売で手に入れることが出来るのですが、もともとは
紫外線に弱いとされる欧米人用に作られたものなんだそうです。

 

これで完璧な日焼け止めが出来るかというとそうでもなく、
肌に入り込んでくる紫外線をカットする効果はないのだそうです。
ですから日焼け止めクリームやジェルを塗って、体への
紫外線をカットしておく必要があります。

 

そのカットすら通してしまう紫外線を、飲む日焼け止めが
打ち消してくれるという作用になります。

 

 

妊婦だって日焼けしたくない!

日焼け止め 種類 画像

 

妊娠中はシミが増えると言われる時期ですが、クリームタイプや
スプレータイプは別として、飲むタイプの日焼け止めは
妊娠中などのデリケートな時期には避けたほうが無難でしょう。
真夏の暑いさなかでも心地よく使えるミストタイプやシートタイプが
オススメです。

 

授乳中もあまり化学変化を起こした肌でベビーを抱きたくはありませんから、
出来れば紫外線カットのために長袖をはおるなどして対応したほうが良いでしょう。