日焼け止め 使い方

MENU

日焼け止めの使い方について

日焼け止め 使い方 画像日焼け止めを使うのにあたり、気を配っていることは

ありますか?
何も考えずにただクリームを塗っている・・・
なんてことはありませんか?

 

実際、クリームを塗っていればしっかり日焼けカット
出来るので、それでよいではないかと言われそうですが、
実際正しい使い方を覚えておくと、肌に余分な負担をかけずに済みます

 

メイクの上からでも塗り直しが出来る日焼け止めの塗り方など、
知りたくないですか?それぞれパウダー、スプレー、液体など
使い方をチェックしてみましょう。

 

 

UVパウダーやスプレー

 

1日を通して紫外線がさんさんと降っている季節になると、
やはり何度か日焼け止めを塗りなおす必要が出てきます。
そんな時にはパウダーとスプレーが役に立ちます。

 

まず余分な皮脂を落とします。大人の女性であれば、ティッシュで
軽く顔を抑える程度でしっかり皮脂は取れます。
脂取り紙などを使っている人はもしやまだいませんよね?
皮脂の摂りすぎになり、皮脂分泌が盛んになるのでやめておきましょう。

 

その後、パウダーやスプレーをむらなくふりかけるだけ。
最も簡単な塗り直し方法です。

 

 

クリームタイプの日焼け止め

日焼け止め 使い方 画像

 

クリームタイプになってくると、メイクの上からどうやって治すの?
という気持ちになりますが、まずティッシュオフして皮脂を落とし、
日焼け止めを指先に少量取って、鼻、頬など顔の高い部分において、
トントン押さえつけるようにします。

 

メイクも崩れませんし、日焼け止め効果も持続しますからオススメの方法です。
ここでも注意したいのが皮脂をオフする際にティッシュを使うことです。
その後の皮脂分泌に関係してきますから、メイク崩れを心配するなら
軽くティッシュオフがポイントです。

 

 

本当はオフしてから使う

日焼け止め 使い方 画像

 

本来なら、日焼け止めの効果をしっかり出すためにはメイクを一度オフしてから
再度日焼け止めクリームやジェルをつけるのが正解です。
しかしオフィスで働いていたりすると、なかなかそれも難しいでしょう。
ランチタイムをつかっても、イチからメイクする暇はありません。

 

ですからこのお直しテクを覚えておいて、簡単、キレイに
日焼け止め効果をキープするようにしましょう。

 

 

基本的なこととして

 

基本的な塗り方として、フェイスに使う場合は手に日焼け止めを取り、
よく馴染ませてから顔に塗ります。
腕は腕に直接日焼け止めをすーっと垂らしていき、その後
反対側の手でぞうきん絞りをするように馴染ませます

 

案外ズボラなやり方だと思われるかもしれませんが、
このほうが腕や足には均一に日焼け止めを塗ることが出来ます。